仕事にすぐ使える!?

ええやんBLOG

ホームページ

ホームページ制作費を安く抑える方法

投稿日:

相談者
会社のホームページが欲しくて制作会社に見積もり依頼したら、制作費に50万と維持費に月1万円でビックリしたよー!これってボッタクリじゃない!?ホームページで商売する訳でもないから予算は割けないし・・・なんとか安く済ませられる方法ってないかな?
安く済ませる方法ありますよ。特にホームページから収益を得る訳ではない方にピッタリな方法が!
うえつき

 

これまで予想外の見積金額に驚き、ボッタクリを疑った方から相談を沢山受てきました。でも、企業向けのサイト制作の相場は50万以上、ネットショップ機能等を追加すれば100万以上は普通です。

とは言え、ホームページを活用して商品を販売する訳でなければ制作費を用意するのも苦労されますよね。この記事ではそんな方にピッタリのホームページ制作費を安く抑える方法をご紹介します。

この記事を読んでわかること

・ホームページ制作を安く抑える具体的な方法がわかる。
・それぞれの方法の良い点と悪い点がわかる。

 

なぜホームページは必要なのか?

そもそもネットを使って集客したり、商品を販売したりする訳でないなら、なぜホームページは必要なのでしょうか?

ホームページが誕生して数十年・・・今やビジネスしているならあって当たり前の物になり、ホームページはあれば儲かる物から無いと損する物に変わりました。

例えばネットで情報収集するのが当たり前の時代なので、ホームページを持っていない会社は取引先から厳しい目で見られたり、連絡を取りたくても問い合わせ先がわからなかったり、存在自体を認知して貰えなかったりします。

さらに、これから自社を支えるであろう人材を集めたくても、求職者はホームページが無いことで不安感を募らせ応募をしないため、業績が良くても人手不足で倒産してしまうケースも起き始めています。

つまり、ホームページを持たないメリットよりデメリットが多いと言うのが理由になっているようです。

 

ホームページ制作費を安く抑える方法

ネットを活用して売り上げをつくる訳ではない場合、ホームページは小規模サイト(10ページ以下)、更新は年数回予算が割けないという点が共通しています。もちろん例外もありますが・・・

そんな方にオススメの方法は3つ!

 

1. 自社でホームページを作る

ネットで「ホームページ 作り方」と検索すると無料で情報が手に入ります。本屋に行けば初心者向けの専門書が沢山陳列されています。これらで学ぶだけで初めて挑戦する人でもホームページを手に入れられる時代です。

しかし、仕事の合間を縫ってホームページを作ろうとする場合、HTMLやCSSなど難しい専門知識を学ぶ時間も満足に取れないですよね?

そんな方にはPowerpoint(パワーポイント)で資料作成する感覚でホームページが作れてしまうWEBサイト作成サービス「Wix」がオススメです!

私の本業である【ホームページの家庭教師】でも使用していて、お客様の殆どが最長24時間でホームページを完成させています。また、その後の更新作業も全て自社内で完結されています。

▼▼▼ 「Wix」が気になる方は無料でお試しください ▼▼▼
ホームページ作成ならWix | デザインから公開まですべて無料‎

▼▼▼ ホームページ作成のサポートが必要な方はこちら ▼▼▼
マンツーマンで作り方が学べるホームページの家庭教師|PLANEX

ココがおすすめ

・とにかく安い!無料~年間2万円以内で制作費が抑えられる。
・手が空いている人材の有効活用ができる。

ココがダメ

・作る方法によっては専門知識を学ぶ時間が必要。
・サイトデザインに迷走しがち。

 

2.クラウドソーシングでフリーランスに依頼する

クラウドソーシングは仕事を依頼したい人と仕事を探している人をマッチングするネットサービスです。

仕事を探している人はフリーランスで活動されている方が多く、個人との取引なので制作費用を安くすることができます。(制作会社に依頼すると事務費とか営業費とか会社の利益とか、制作以外の費用がガンガン引かれるので、相場より安くてもフリーランスは損しない金額で制作を受けられ、Win-Winの関係を築けます。)

その反面、個人に依頼するリスクとして受注者が急病や事故にあった時、制作は完全に止まってしまいますし、そのまま連絡が取れなくなり流れてしまう可能性もあります。

また、品質面で当たりハズれがあるようです。実は私も駆け出しの頃にクラウドソーシング「ランサーズ」で経験を積ませて貰った過去があります。その時は格安でも良いので、数を作って技術を上げようとしていました。当時は当時なりに精一杯頑張って作りましたが・・・数年後にリニューアルを提案させてもらうことになりました。

▼▼▼ 「ランサーズ」が気になる方はコチラ ▼▼▼
クラウドソーシング「ランサーズ」

ココがおすすめ

・10万前後から制作依頼可能。
・良い人に当たれば親身に手厚いサポートを受けられる。

ココがダメ

・依頼前に制作実績などで念入りな品質・技術力チェックが必要。
・運が悪いと制作途中で音信不通になる人がいる。
・制作後のランニングコストは別途発生するが説明が無いことがある。

 

3.補助金を使って制作会社に依頼する

毎年春頃から公募が始まるIT導入補助金は、中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の最大半額を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするものです。

2020年はコロナ騒動のため、テレワーク(在宅勤務)導入にかかる費用を優先的に採択するようですので、残念ながらホームページ制作が採択される可能性は低くなるかもしれません。

それでもホームページ制作会社に半額で依頼できるなら「試してみる価値あり!!」と思われる方は、懇意にされている税理士さんに一度ご相談してみて下さい。

▼▼▼ 詳しい情報は下記ページにてご確認ください ▼▼▼
「IT導入補助金」公式サイト

ココがおすすめ

・ホームページ制作費が最大半額になる。
・制作のプロに依頼できる。

ココがダメ

・2020年は採択される確率が下がる可能性あり。
・指定された制作会社(IT導入支援事業者)に依頼した場合のみ対象。
・面倒な申請手続きが必要。

 

ホームページ制作費を安く抑える方法まとめ

この記事ではホームページを活かして商品を販売する訳では無いけれどホームページが必要な方へ、制作費を安く抑える方法を3つご紹介いたしました。

しかし、会社により本当に必要なホームページは異なります。そのため、安ければ良いと言うものではありません。

会社が存続し続けるかぎりホームページは半永久的に必要な物です。つまり、制作を依頼する制作会社・フリーランスとも半永久的な関係が生まれます。

単純に費用面だけの比較では無く、長期的かつ人的な面も考慮に入れつつ、最適な方法を選んで貰えたら幸いです。

この記事のまとめ

・とにかく安く済ませるなら自社でホームページを作る。
・リスクはあっても10万前後に抑えるならクラウドソーシングを利用する。
・IT導入補助金なら最大半額で制作会社に依頼できる可能性あり。

 

感想を送る

この記事が少しでもあなたの役に立ったならば、下記リンクから感想をツイートしていただけると励みになります(*^^*)

 

ホームページ作成サポートが必要な方!

ネットでホームページの作り方を調べても、書いている意味が解らなかったり、本に載っている写真と違う操作画面が出てきて戸惑ったり・・・

思うように操作ができず、ホームページを完成させることができない方が少なくありません。

そんな時はホームページの家庭教師にお任せください!

ホームページの家庭教師では、あなたの作りたいホームページを実現するために必要な知識と技術をマンツーマンでお伝えします。あなたがホームページを作っている時は側で見守り、困ったことが起きれば直ぐに解決し、ホームページ作りに安心して挑戦できる環境を提供いたします。

体験レッスン実施中!

 

 

  • この記事を書いた人

うえつき ひとみ

大阪を中心に活動する個人事業主。主な活動内容は①自社、自店更新したい方のためのホームページ作成サポート【ホームページの家庭教師】②フロントエンド商品への成約率を上げる名刺作成【マーケティング名刺】の2つ。このサイトでは、2015年に起業してから受けたビジネス関係の相談や質問の中からピックアップしたものを備忘録的に記事にまとめていきます。

-ホームページ

Copyright© ええやんBLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.